不意に全て如何でも良くなって矜羯羅がった雑踏を通り抜けた
聴き込んだ音楽さえも今日だけは只煩いだけのノイズと化した
季節がそっと変わって往く
「独り取り残される様。」
結局只の好き嫌い、善し悪し等分からない
不安定な心情抱くならば一層滅茶苦茶にして
結果往き場を失くした気持ちも沢山在るから
無為にふらふら生きている日々の出口を探している

何でも無いと笑う裏側蠢く疑心が息を殺す
地球はずっと廻って往く
「巧く往かない事許り。」
ずっと涙止まらない夜を幾度も超えて
不確かな未来を瞶め乍ら時に虚しくなっていく
何時も欲しい物ならば何も彼も在るのに
決して満たされはしない日々の出口を探している

良いよ、寂しくなんか無い
離れ離れ・・・此処は何処だろう
嗚呼最う諦めさせてよ、戻る事等不可能
深い疵治らない儘の日々の出口を探している
back to top