丸で全てが終わって仕舞った様な顔で居ても何も変わらない
出逢いと別れと大切にして置きたい物だけを忘れて仕舞う
それでも確かに呼吸をしている
案外この世は巧く出来ている
そう信じられます様に

駄目な自分も愛せる様に成れば何か一つでも変わるかな
何時でも切ない街の真中で一人で生きている
当て所無い躰で疲れ果てて仕舞っても
寂しさ嬉しさ皆受け止めたい
胸の奥底で消えぬ痛みも抱き締め乍ら眠ろう
back to top